dot.[ドット]

室井佑月 森友学園問題に「背後に政治家の影」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

ヘイトスピーチを行ったり、差別をしたり、国の財産を私物化したりするのが、安倍内閣や安倍応援団のいう愛国だってか。

ヘイトスピーチを行ったり、差別をしたり、国の財産を私物化したりするのが、安倍内閣や安倍応援団のいう愛国だってか。

 作家・室井佑月氏は、森友学園の問題に政治家の関与を疑いつつ、安倍政権の在り方を問う。

*  *  * 
 森友学園問題について、ネットで国会中継をじっくり見ている(2月17日から24日まで見た)。

 官僚たちが必死で言い訳をしているが、綻(ほころ)びが見えはじめている。

 誰かが言い訳をすると、次の誰かに責任が押し付けられ、次の誰かがまた言い訳をして……というようなことをくり返している。

 その背後に政治家の力があったように感じるのは、あたしだけじゃないだろう。てか、そのほうが一連の流れがスムーズなのよね。

 元官僚の古賀茂明さんもテレビに出て、

「近畿財務局がおかしなことをしたみたいに思っている人が多いかもしれないけど、官僚は普通、こういうことはしない。政治的な判断として、これは作らざるを得ないという前提があったとしか思えない」

 と言ってたぞ。だよなぁ、そう思うのが普通だよ。

 まず、隣のほぼおなじ大きさの国有地は14億2300万円だった。が、財務省は、森友学園には1億3400万円で売る。理由は、8億円分の撤去しなくてはならないゴミが埋まっていたから。でも、8億円分のゴミ撤去の痕跡なし。

 さらに、鉛の除去など土地を奇麗にする代金1億3200万円を国が払った。ということは、森友学園は実質、200万円ほどで土地を購入したことになる。

 そのうえ、国土交通省は建物に6200万円の補助金(木造建築に対する補助金だけど、建設中の建物の構造は鉄筋)を、大阪府は環境・緑化事業として4000万円の補助金までつけている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   安倍政権 , 室井佑月 , 森友学園 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加