丸山茂樹 松山英樹の発言に「奥が深すぎて」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 松山英樹の発言に「奥が深すぎて」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
パーマーさん、ありがとうございました(※イメージ)

パーマーさん、ありがとうございました(※イメージ)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、ゴルフ界のスーパースターであるアーノルド・パーマー氏との思い出を語った。

*  *  *
 いやあ、残念です。あのアーノルド・パーマーさんが9月25日に亡くなられました。87歳でした。心臓疾患による合併症だそうです。ちょうど2015‐16年の米PGAツアーが終わった日なんて、やっぱりアメリカのゴルフ界の「キング」と呼ばれた人だなあ、なんて思ったり。

 1950年代から活躍して、米ツアー歴代5位の62勝。メジャー通算7勝を挙げて、ジャック・ニクラウス(76)、ゲーリー・プレーヤー(80)とともに「ビッグスリー」と呼ばれました。ビジネスでも成功して世界中のゴルフコースも設計して、まさにレジェンド中のレジェンドですよね。

 青木功さん(74)は「アーニーには兄のように慕ってきましたし、憧れの存在でした。訃報を聞き、とても寂しいし、悲しい」とコメントされています。

 40も年齢が離れた僕にとって、パーマーさんの現役バリバリの頃のプレーは、むかーしのフィルムで少し見たぐらい。それでもいろんな人から「すごくアグレッシブ(攻撃的)なスタイルだった」と聞いてます。常々、「ファンはワクワクするようなショットを求めてるんだ」とおっしゃってたようですね。

 最初にお会いしたというか、ナマでパーマーさんを見たのは95年か96年の全英オープンだったと思います。「うおお、アーノルド・パーマーだ」って。初出場のマスターズでも見かけたかな。

 それで僕が米ツアーに本格参戦するようになって、パーマーさんが設計したフロリダ州のベイヒルクラブ&ロッジで「アーノルド・パーマー・インビテーショナル」という試合に出たとき、声をかけてくれたんです。予選で上位につけたときにわざわざ僕のところに来てくれて、「キープ・ゴーイン(その調子でいけよ)」って。また、いい笑顔でおっしゃるんです。ベイヒルでは会うたびに「来てくれてありがとうな」とも言ってくれましたね。優しい人だったなあ。大きく包んでくれる父親のような存在に感じてました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい