EXILE TAKAHIRO、三代目JSB登坂広臣への愛がハンパない! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

EXILE TAKAHIRO、三代目JSB登坂広臣への愛がハンパない!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

TAKAHIRO(左)たかひろ/1984年生まれ、長崎県出身。「EXILE Vocal Battle Audition 2006~ASIAN DREAM~」で優勝し、新ボーカルとしてEXILEに加入。14年、ドラマ「戦力外捜査官」(日本テレビ系)で俳優デビュー登坂広臣とさか ひろおみ/1987年生まれ、東京都出身。2010年に三代目 J Soul Brothersのボーカルとしてシングル「Best Friend’s Girl」でデビュー。14年には、映画「ホットロード」で俳優デビューを果たした(撮影/馬場道浩、スタイリング/jumbo[speedwheels]、ヘア&メイク/TAKAHIROさん:下川真矢、登坂さん:唐沢憲司[L.O.G/026])

TAKAHIRO(左)
たかひろ/1984年生まれ、長崎県出身。「EXILE Vocal Battle Audition 2006~ASIAN DREAM~」で優勝し、新ボーカルとしてEXILEに加入。14年、ドラマ「戦力外捜査官」(日本テレビ系)で俳優デビュー
登坂広臣
とさか ひろおみ/1987年生まれ、東京都出身。2010年に三代目 J Soul Brothersのボーカルとしてシングル「Best Friend’s Girl」でデビュー。14年には、映画「ホットロード」で俳優デビューを果たした
(撮影/馬場道浩、スタイリング/jumbo[speedwheels]、ヘア&メイク/TAKAHIROさん:下川真矢、登坂さん:唐沢憲司[L.O.G/026])

 プライベートでも仲のよいEXILEのTAKAHIROさんと三代目J Soul Brothersの登坂広臣さん。公開目前の映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」で、TAKAHIROさんは兄・雅貴を、登坂さんは弟・広斗を演じ、さらに絆を深めた模様。「週刊朝日 9月16日号」に掲載された、笑いの絶えない二人の仲良しトークの一部を特別に公開! さらに、10問10答もお届け。TAKAHIROが無人島に持って行きたいと答えた意外なものとは?

【写真特集】TAKAHIRO×登坂広臣「最高で最強の“兄弟”」

──兄弟役を演じ、絆はさらに深まりましたか。

T:お互いの持ち味を生かしながら、兄弟役を演じることができましたし、斎藤工さんが長男として入ってくださることで、より雅貴らしく、広斗らしくいられたと思います。僕はきょうだいは妹だけなので、男兄弟がずっとほしくて。兄も弟もほしかったので、この映画で両方夢がかないました。だから今年は機嫌がいいんです(笑)。

登:僕は姉がいますが、僕もずっと昔から兄がほしかったので、日本一かっこいいお兄ちゃんが2人もできてうれしかったです。

T:照れますね(笑)。

登:男は誰しも、男兄弟がほしいって思うんじゃないですかね。

T:僕、いとこが3兄弟で、けんかしてどんどん絆が深まるのを間近で見て、いいなと思っていました。女性のきょうだいだとエッチな本の貸し借りもできない(笑)。そこですかね、男兄弟のいいところ。

登:そこ!?(笑)

──事務所も男性が多いですが、兄弟のようですか。

登:お互いが意見を言い合って、グループや個人がいいほうに向かうようにぶつかり合い、絆を確かめながらやってきているかなと思います。それが男っぽいですね。年下でも上下関係問わず、言いたいことを何でも言えています。

T:変な気は使わずにね。後輩の意見は刺激になりますし、自分で気づかなかったこともあるので助かります。言われたことを全部取り入れ自分の手柄にしていこうと思っています(笑)。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい