「真田丸」で利休演じた桂文枝 3時間の“切腹シーン”が15秒に (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「真田丸」で利休演じた桂文枝 3時間の“切腹シーン”が15秒に

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#真田丸

真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray] Amazonで購入する

真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]
Amazonで購入する

「三枝」から「文枝」になって4年。最近では大河ドラマ「真田丸」で千利休を演じ、話題になった桂文枝さん。作家・林真理子さんとの対談で、その裏側を話していただきました。

*  *  * 
文枝:利休を演じることが決まって、千宗室さん、今のお家元のところにまず行きましてね。いろいろお話を伺いましたが、400年前に千利休が作った作法が受け継がれているわけですから、すごい世界ですね。稽古にも通いましたけど、どうせ本番では(腕を指して)こっから下は違う人やろと思ってたら、私がやるって……。

林:お茶を点てながらセリフをおっしゃるのってすごく難しそう。途中で茶筅(ちゃせん)が止まったらまずいわけですよね。

文枝:演出家は「ゆっくりしゃべってください」、お茶の先生は、「素早く点てないとだまになります」。手をシャーッと動かしながら、セリフはゆっくり言わないかん。むつかしかったですね。利休は69歳で亡くなってるんで、僕のほうが年とってるんです。なのにものすごく老けたメイクをされるんですよ。私、この誕生日で73歳ですから。

林:え!? 師匠70代ですか。お若い。信じられないです。髪も剃ってらっしゃいましたよね。

文枝:剃らないでおくいうのも大変だったので、剃りました。最近のカツラはよくできているんですが、背中のほうからベターッと貼らないかんのです。

林:同時並行で何作も撮ってる俳優さんなんかは、剃っちゃいけないみたいですね。でも、よかったですね、またふさふさと生えてきて。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい