知事選に50億円 潔く辞任していれば“節税”できた?

2016都知事選

2016/06/23 07:00

 舛添要一氏が辞任したことで行なわれる都知事選。しかし、とにかく選挙にはカネがかかる。今回の知事選では、約50億円もの血税が投入される見込みだ。東京都選挙管理委員会によると、前回14年の都知事選で実際にかかった費用は約46億円。内訳について、都選管職員に聞いた。

あわせて読みたい

  • 2代続けて「政治とカネ」で辞任! 次の都知事に必要な能力とは

    2代続けて「政治とカネ」で辞任! 次の都知事に必要な能力とは

    AERA

    6/22

    猪瀬直樹の冷や汗が止まらない? 「徳洲会」裁判開始

    猪瀬直樹の冷や汗が止まらない? 「徳洲会」裁判開始

    週刊朝日

    2/5

  • イマイチなコロナ対策の小池百合子がなぜか存在感…争点がぼやけた都知事選の予感

    イマイチなコロナ対策の小池百合子がなぜか存在感…争点がぼやけた都知事選の予感

    AERA

    6/4

    舛添バッシングの裏に自民党・都庁職員との“政争”

    舛添バッシングの裏に自民党・都庁職員との“政争”

    ダイヤモンド・オンライン

    5/23

  • 自民にすり寄る小池都知事の「延命工作」を舛添前都知事が痛烈批判

    自民にすり寄る小池都知事の「延命工作」を舛添前都知事が痛烈批判

    週刊朝日

    10/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す