若者食いつぶす“ブラック自治体” 地域おこし協力隊のトンデモ実態

2016/06/20 07:00

 7年間で200億円という巨額が投入された、安倍首相肝煎りの地方創生事業「地域おこし協力隊」。取り組む自治体が広がる一方で、“地域おこし”とは程遠い、トンデモ話が全国各地から出てきている。

あわせて読みたい

  • 「田舎で遊んでカネがもらえる」!? “おいし過ぎる”地域おこし協力隊の実態

    「田舎で遊んでカネがもらえる」!? “おいし過ぎる”地域おこし協力隊の実態

    週刊朝日

    6/20

    移住希望者と地方をwin-winでつなぐ「地域おこし協力隊」 霞が関キャリア官僚も憧れの田舎暮らしへ

    移住希望者と地方をwin-winでつなぐ「地域おこし協力隊」 霞が関キャリア官僚も憧れの田舎暮らしへ

    AERA

    2/7

  • 家賃1万円でもネズミ駆除に15万円  地方移住者の失敗談

    家賃1万円でもネズミ駆除に15万円  地方移住者の失敗談

    AERA

    10/4

    青年海外協力隊の応募者半減 若者の志向の変化とは?

    青年海外協力隊の応募者半減 若者の志向の変化とは?

    週刊朝日

    6/10

  • 「移住が絶対条件ではない」地方創生を成功に導く“民間企業的マインド”の公務員

    「移住が絶対条件ではない」地方創生を成功に導く“民間企業的マインド”の公務員

    AERA

    2/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す