バスツアーだけじゃない 保育やレーシックでも起きる“格安の悲劇”

2016/01/27 07:00

 企業努力にも限界があり、価格を下げれば品質も下がる。当たり前のことだが、格安ツアーバスの死亡事故に廃棄カツの横流しと、年明けから価格競争のしわ寄せによって悲劇が起きた。しかし、格安が招く悲劇はそれだけではないのだ。

あわせて読みたい

  • こんなはずじゃ…「難あり」保育園の見分け方「◯◯◯を調べるべし」

    こんなはずじゃ…「難あり」保育園の見分け方「◯◯◯を調べるべし」

    AERA

    8/25

    預けたその日に亡くなっていた… 悲惨な「保育事故」

    預けたその日に亡くなっていた… 悲惨な「保育事故」

    AERA

    4/2

  • 小池都知事、異例の待機児童対策、問われるのはベビーシッターの質

    小池都知事、異例の待機児童対策、問われるのはベビーシッターの質

    AERA

    2/6

    預けたその日に亡くなっていた… 悲惨な「保育事故」

    預けたその日に亡くなっていた… 悲惨な「保育事故」

    AERA

    4/2

  • 「子どもの預け先がない」追い詰められる前の安心シッター確保7カ条

    「子どもの預け先がない」追い詰められる前の安心シッター確保7カ条

    AERA

    3/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す