人口の約10%がパーソナリティー障害 「性格だから治らない」は大きな誤解

病気

2015/12/28 16:00

 人間関係のトラブルが絶えない、感情が激しい、自分のからだを傷つけてしまう。パーソナリティー障害は、感情や行動、認知などのパターンが著しく偏っているため、社会生活にうまく適応できない精神疾患だ。病気が引き起こす問題で、本人だけでなく家族も苦しむことが多い。疫学調査で、一般人口の約10%が該当するという統計もある。

あわせて読みたい

  • あなたは大丈夫? 境界性パーソナリティー障害を診断する9項目

    あなたは大丈夫? 境界性パーソナリティー障害を診断する9項目

    週刊朝日

    12/30

    リストカット、ひきこもり、家庭内暴力… その裏に潜む病とは?

    リストカット、ひきこもり、家庭内暴力… その裏に潜む病とは?

    週刊朝日

    12/29

  • うつ病患者の3分の1が発症 「双極性障害」の怖さとは?

    うつ病患者の3分の1が発症 「双極性障害」の怖さとは?

    週刊朝日

    4/12

    「社長のプロポーズ断った」!? タイプ別“病的なウソをつく人”の特徴 専門家が対処法を解説

    「社長のプロポーズ断った」!? タイプ別“病的なウソをつく人”の特徴 専門家が対処法を解説

    AERA

    6/11

  • うつ病患者の薬物治療 副作用で自殺行為に至る危険性も

    うつ病患者の薬物治療 副作用で自殺行為に至る危険性も

    週刊朝日

    4/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す