日本の再犯防止策 「欧米より遅れている」専門家が指摘

2015/09/10 07:00

 大阪府寝屋川市で行方不明となっていた中学1年生の男女2人が遺体となって発見された。死体遺棄の疑いで逮捕された同市内に住む山田浩二容疑者(45)は、13年前にも少年を拉致・監禁したことで逮捕されていた。なぜ再犯は防げなかったのか。
 
 米国では、性犯罪者は出所後も居場所が公開され、誰でもインターネット上で検索できる「性犯罪者情報公開法」がある。一般的には「メーガン法」と呼ばれていて、1994年にニュージャージー州で当時7歳の女の子のメーガンちゃんが、向かいの家に住む性犯罪歴を持つ男に強姦・殺害されたことを機に定められた。

あわせて読みたい

  • 性犯罪加害者への治療が進まないのは日本人の国民性か

    性犯罪加害者への治療が進まないのは日本人の国民性か

    AERA

    6/13

    寝屋川中1遺棄事件の教訓 性犯罪者の再犯どう防ぐ?

    寝屋川中1遺棄事件の教訓 性犯罪者の再犯どう防ぐ?

    週刊朝日

    9/10

  • 窃盗9回…73歳男性を変えた出所後の受け入れ支援 再犯防ぐ取り組みとは?

    窃盗9回…73歳男性を変えた出所後の受け入れ支援 再犯防ぐ取り組みとは?

    AERA

    2/11

    性犯罪は加害者治療で減らせるはず

    性犯罪は加害者治療で減らせるはず

    AERA

    6/12

  • 専門家が語る痴漢治療 「自尊心を取り戻すことも重要」

    専門家が語る痴漢治療 「自尊心を取り戻すことも重要」

    dot.

    6/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す