東京大空襲、原爆投下、終戦…写真が語る1945年

2015/06/16 07:00

 昭和20(1945)年。日本は本土空襲、原爆投下から敗戦、復興へと大きな転機を迎えた。その混乱の中でも、人々は生きた。わずかな安らぎの時間を慈しむように、人との触れ合いを喜ぶように、そして、明日は、今日よりよくなると信じて。

あわせて読みたい

  • 50年前「新幹線開業」の熱気 アサヒグラフはこう伝えた

    50年前「新幹線開業」の熱気 アサヒグラフはこう伝えた

    dot.

    9/30

    今日8月9日は長崎原爆忌。平和への祈りをこめて

    今日8月9日は長崎原爆忌。平和への祈りをこめて

    tenki.jp

    8/9

  • ノンフィクション作家・石井光太が描く、知られざる

    ノンフィクション作家・石井光太が描く、知られざる"原爆資料館生みの親"の存在

    BOOKSTAND

    7/4

    昭和の鉄道はこんなにカラフルだった! アサヒグラフ厳選写真

    昭和の鉄道はこんなにカラフルだった! アサヒグラフ厳選写真

    7/16

  • [連載]アサヒカメラの90年 第7回

    [連載]アサヒカメラの90年 第7回

    アサヒカメラ

    6/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す