手のしびれから歩行困難に? 背骨の靭帯が骨化する難病とは (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

手のしびれから歩行困難に? 背骨の靭帯が骨化する難病とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#病気
最初は手のしびれから…

最初は手のしびれから…

 背骨にある靱帯が骨のように硬くなり、脊髄の神経を圧迫する「後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)」。茨城県在住の会社経営者、岡本義朗さん(仮名・65歳)もその病気を患った一人だ。

 後縦靱帯骨化症とは、背骨の椎体骨を上下につなぐ「後縦靱帯」が厚くなり、骨のように硬くなる(骨化する)病気である。骨化した後縦靱帯が脊髄を圧迫し、神経組織が障害されることで、感覚障害や運動障害などの神経症状を引き起こす。最初は手のしびれや痛みなどの症状から始まり、進行すると、手指を動かしにくい、足がしびれる、歩きにくいなどの症状が起こる。

 40代ごろから発症するが、60代以降に多い。原因には、遺伝的因子や糖尿病、肥満、性ホルモンの異常など複数の要因が挙げられる。最近の研究では、特定の遺伝子が発症に関与していることもわかっている。15年1月から指定難病として医療費助成の対象となった。毎年、新規に認定される患者数は約5千人にのぼる。

 骨化があってもすぐに症状が出るわけではなく、全てが進行性とは限らない。無症状の場合や、症状があっても軽く、進行性でない場合は、鎮痛剤や固定装具などによる保存療法が中心となる。

 ただし、進行性の場合は、自然に回復・治癒することはない。なかには症状がないまま骨化が進み、ちょっとした転倒や交通事故などをきっかけに、急に麻痺などの重い症状が出現することもある。現在のところ、骨化を止める薬や神経の障害を改善する治療法はないため、症状により日常生活に支障を来す場合は、手術をおこなう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい