脱洗脳カウンセラー「オウム教祖を法廷で罵っても悪の教義は今も信じている信者」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

脱洗脳カウンセラー「オウム教祖を法廷で罵っても悪の教義は今も信じている信者」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
※イメージ写真 

※イメージ写真 

 尊師の「ポア(殺せ)」という指示で凶悪なテロをためらいもなく実行した実行犯たち。事件直後から、オウム信者の脱洗脳を手掛けてきた脳機能学者・苫米地英人氏がその動機を語る。

「サリン事件は、オウムにとって“ヴァジラヤーナ”という教義に基づき、教えを実践したまでのこと。麻原は最終解脱者で、他人の魂を解脱させて転生することができ、人々はカルマ(悪業)を積んでいるから、苦しめば苦しむほど、より良い転生ができる。つまり、サリンをまいて苦しめて殺すことが、人のためという危険な教義だったのです」

 苫米地氏は、重罪を免れ、社会復帰した一部の幹部らは今も確信犯とみている。

「元幹部らオウム信者の多くは麻原を否定しても、ヴァジラヤーナを全く否定していない。やはり、オウムに対し、破壊活動防止法で組織を壊滅させるべきだったと思います」(苫米地氏)

 実行犯・高橋克也被告の裁判で、林泰男死刑囚や林郁夫受刑者はかつての尊師を罵った。 「本当に洗脳が解けているかは極めて怪しい。薬物を使った洗脳は簡単に解けるものではない。ずっと刑務所にいて自然に解けたなんてあり得ません」(同)

 苫米地氏は、十数人の元信者の脱洗脳に成功したが、当時の苦労をこう話す。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい