高畑充希「いい人に思われたい、とかはない」

ドラマ

2014/12/22 07:00

 昨年度、高視聴率を記録したNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で高畑充希が歌った「焼氷有りマスの唄」。それは、脚本の森下佳子さんが、彼女の歌声に出会ったことで生まれたシーンだった。公開中の映画「アオハライド」では、心に傷を負った高校生の“狂気”を、20日公開の「バンクーバーの朝日」では、カナダに移民した日系人女性を、ひたむきに健気に演じた。佇まいの中にある“懐かしさ”はひとつの武器かもしれない。でもそれ以上に、彼女の表現からは、いつもかならず得体の知れない才能が顔をのぞかせる。

あわせて読みたい

  • 高畑充希、蜷川幸雄を回顧「そんな目ェ開いて芝居してるんじゃねえ!」

    高畑充希、蜷川幸雄を回顧「そんな目ェ開いて芝居してるんじゃねえ!」

    週刊朝日

    6/5

    高畑充希、新作映画で大阪のオカン熱演「東大阪出身なのでなじみある」

    高畑充希、新作映画で大阪のオカン熱演「東大阪出身なのでなじみある」

    週刊朝日

    6/5

  • 高畑充希、意外な“母親願望”? 「35歳までには…」

    高畑充希、意外な“母親願望”? 「35歳までには…」

    dot.

    2/29

    高畑充希 初のワンマンライブをビルボードライブで開催、「お酒を飲みながらライブをすることが夢だった」

    高畑充希 初のワンマンライブをビルボードライブで開催、「お酒を飲みながらライブをすることが夢だった」

    Billboard JAPAN

    12/29

  • 今年デビュー10周年を迎えた高畑充希が12月にビルボードライブ公演を開催

    今年デビュー10周年を迎えた高畑充希が12月にビルボードライブ公演を開催

    Billboard JAPAN

    6/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す