大水害で公的支援は頼れない 今すぐ保険の見直しを

ゲリラ豪雨

2014/08/28 07:00

 ゲリラ豪雨が頻繁に起こるようになった日本では、大水害はいつでもどこでも起こりうるものとなった。しかし、自宅が全壊しても公的支援では、最大300万円しか援助されないのが、現実だ。

あわせて読みたい

  • マイカー風水害Q&A 補償範囲は? 保険金はどれくらい?

    マイカー風水害Q&A 補償範囲は? 保険金はどれくらい?

    AERA

    11/16

    どんな水災・風災なら保険金下りる? 災害に備える保険の超基本Q&A

    どんな水災・風災なら保険金下りる? 災害に備える保険の超基本Q&A

    AERA

    11/13

  • 熱海市の土石流は他人事じゃない…どんな水災なら保険金下りる?超基本Q&A

    熱海市の土石流は他人事じゃない…どんな水災なら保険金下りる?超基本Q&A

    AERA

    7/4

    火災保険に“水災・風災補償追加”は損か得か プロが保険料を試算

    火災保険に“水災・風災補償追加”は損か得か プロが保険料を試算

    AERA

    11/14

  • 増える集中豪雨 マンション高層階でも水災補償を検討? FPが教える5つのポイント

    増える集中豪雨 マンション高層階でも水災補償を検討? FPが教える5つのポイント

    AERA

    6/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す