土砂災害で生き残るため、どう身を守る?

2014/08/27 16:00

 8月20日未明、広島市で“同時多発”土砂災害が起きた。死者は49人、行方不明者は41人(23日現在)に上る。閑静な住宅街には土石流が襲い、家や車が押しつぶされ、惨状となった。砂防学会の元会長で京都大学の水山高久教授(山地保全学)は、その原因のひとつに「真砂土(まさど)」と呼ばれる柔らかい地質を挙げる。

あわせて読みたい

  • 家族と財産を守るためできること…西日本に集中、こわい真砂土

    家族と財産を守るためできること…西日本に集中、こわい真砂土

    週刊朝日

    8/27

    広島豪雨 的中した「15年前の警告」

    広島豪雨 的中した「15年前の警告」

    AERA

    8/26

  • 豪雨続いた広島、島根は「土砂崩れ」危険が高い地域 47都道府県別「災害リスク」調査

    豪雨続いた広島、島根は「土砂崩れ」危険が高い地域 47都道府県別「災害リスク」調査

    dot.

    7/10

    豪雨がもたらした傷跡 広島・岡山の現地の状況

    豪雨がもたらした傷跡 広島・岡山の現地の状況

    tenki.jp

    7/18

  • 西日本豪雨の被災者を襲う3重苦 熱中症、ボランティア不足、避難所ストレス…

    西日本豪雨の被災者を襲う3重苦 熱中症、ボランティア不足、避難所ストレス…

    dot.

    7/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す