戊辰戦争で謹慎となった伊達家子孫、『夕日と拳銃』のモデルに

2014/04/08 07:00

 映画や小説などフィクションの世界では、実在の人物がモデルになることは多々あること。仙台藩藩主・伊達家の子孫もその一人。第18代当主伊達泰宗(やすむね)氏が先祖について語った。

あわせて読みたい

  • 伊達家18代当主 40年前、地下の柩に納められた政宗公の頭蓋骨と対面

    伊達家18代当主 40年前、地下の柩に納められた政宗公の頭蓋骨と対面

    週刊朝日

    3/29

    伊達家は別格? 今でも徳川家の隣に“指定席”

    伊達家は別格? 今でも徳川家の隣に“指定席”

    週刊朝日

    3/16

  • 子孫が語る秘話と秘宝「伊達13代で一番モダンだった政宗公の甲冑」

    子孫が語る秘話と秘宝「伊達13代で一番モダンだった政宗公の甲冑」

    週刊朝日

    4/14

    子孫が語る刀剣と秘話 伊達政宗にとって刀とは家を存続させる象徴

    子孫が語る刀剣と秘話 伊達政宗にとって刀とは家を存続させる象徴

    週刊朝日

    2/8

  • 仙台真田家13代・真田徹「大坂の陣の後、次男は伊達政宗の庇護下で生き延びた」

    仙台真田家13代・真田徹「大坂の陣の後、次男は伊達政宗の庇護下で生き延びた」

    週刊朝日

    11/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す