「累犯障害者」の孤独な人生 還暦後に知的障害と判明するケースも

生活保護

2014/01/16 11:30

 知的障害などがあって犯罪を繰り返す「累犯障害者」の救済の動きが広がりつつある。だが、共通するのは「孤立」や「貧困による生きづらさ」を抱えている点で、刑務所は身寄りのない人々にとって“安住の地”という声もある。

あわせて読みたい

  • 痴漢の濡れ衣着せられる障害者 対策に奔走する人々

    痴漢の濡れ衣着せられる障害者 対策に奔走する人々

    週刊朝日

    1/27

    窃盗9回…73歳男性を変えた出所後の受け入れ支援 再犯防ぐ取り組みとは?

    窃盗9回…73歳男性を変えた出所後の受け入れ支援 再犯防ぐ取り組みとは?

    AERA

    2/11

  • 【首里城焼失】金閣寺の放火犯は僧だった 過去の文化財火災の原因は?

    【首里城焼失】金閣寺の放火犯は僧だった 過去の文化財火災の原因は?

    dot.

    10/31

    私が「10回服役、44年間刑務所暮らし」の男の身元引受人になった理由

    私が「10回服役、44年間刑務所暮らし」の男の身元引受人になった理由

    週刊朝日

    1/21

  • 「見知らぬ親戚」から扶養をせまることも 改正生活保護法の怖さ

    「見知らぬ親戚」から扶養をせまることも 改正生活保護法の怖さ

    週刊朝日

    12/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す