精神的伴侶は夫ではなく娘? 「あまちゃん」でも描かれた母と娘の確執

あまちゃん

2013/12/09 11:30

 臨床心理士の信田さよ子さんが『母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き』を2008年に上梓して以降、「母との確執」を告白する女性著名人が増え、関連本も多く出版された。東日本大震災の影響で、家族の絆をもう一度深めるという流れの反作用として「毒母」という言葉も生まれている。

あわせて読みたい

  • アンケート実施 娘の1割が「母親に支配されている」と実感

    アンケート実施 娘の1割が「母親に支配されている」と実感

    週刊朝日

    12/5

    信田さよ子×斎藤環 根深い「母娘問題」に共存の道はあるのか?

    信田さよ子×斎藤環 根深い「母娘問題」に共存の道はあるのか?

    AERA

    2/5

  • 嫌いな母は看取れない…過干渉の母親が認知症になった女性の場合

    嫌いな母は看取れない…過干渉の母親が認知症になった女性の場合

    週刊朝日

    5/17

    「あなたの介護はできません」“重すぎる母”に苦しめられた娘の叫び

    「あなたの介護はできません」“重すぎる母”に苦しめられた娘の叫び

    週刊朝日

    5/17

  • 12月号エッセイスト 小島慶子 Kojima Keiko“母娘問題の総集編”

    12月号エッセイスト 小島慶子 Kojima Keiko“母娘問題の総集編”

    12/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す