新型出生前診断の“パワハラ”に悩む人々

出産と子育て

2013/07/05 11:30

 4月から全国の医療施設で臨床研究として始まった新型出生前診断は、各施設に予約が殺到し、海外で検査を受けようとする女性もいるほどだ。だが、その裏では検査をめぐって悩みを抱える人たちもいる。

あわせて読みたい

  • 新型出生前診断の増加は障害児排除につながらないのか

    新型出生前診断の増加は障害児排除につながらないのか

    AERA

    10/24

    胎児に障害があることがわかったら――あなたは

    胎児に障害があることがわかったら――あなたは"出産"と"中絶"どちらを選択しますか?

    BOOKSTAND

    12/25

  • 40代では5割が流産 リスクを伴う高齢出産に産婦人科医が3つの助言

    40代では5割が流産 リスクを伴う高齢出産に産婦人科医が3つの助言

    AERA

    6/24

    ハードル下がった?新型出生前診断 考えるべき事は

    ハードル下がった?新型出生前診断 考えるべき事は

    AERA

    3/4

  • 新しい出生前診断「罪を犯しているよう」の声も

    新しい出生前診断「罪を犯しているよう」の声も

    AERA

    5/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す