話題の3Dラテアート ゆくゆくは絵本の創作も構想 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

話題の3Dラテアート ゆくゆくは絵本の創作も構想

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
撮影時に使ったエスプレッソマシンは、山本さんの私物。家庭用だ。「業務用なら、もっと上手にできるのに」とちょっと悔しそう(撮影/写真部・馬場岳人)

撮影時に使ったエスプレッソマシンは、山本さんの私物。家庭用だ。「業務用なら、もっと上手にできるのに」とちょっと悔しそう(撮影/写真部・馬場岳人)

使用するのはスプーンとカクテルピンのみ(撮影/写真部・馬場岳人)

使用するのはスプーンとカクテルピンのみ(撮影/写真部・馬場岳人)

 エスプレッソに泡立てたミルクを注いで絵を描くラテアート。イタリアで生まれ、北米で広まったとされている。日本では、2008年に第1回「ラテアート選手権」が開催され、この言葉が定着していった。

【3Dラテアートの写真はこちら】

 それが今、誰も想像しなかった方向へ急展開を遂げている。カップから飛び出す犬、猫、キリン……。これがカフェラテ?と思わず目を丸くしてしまう奇想天外な“3Dラテアート”がネット上で話題になっているのだ。

 その噂のラテを作っているのが、大阪在住の山本員揮(かずき)さん(26)。現在、大阪市内のカフェでアルバイトする傍ら、自作の写真を一日3枚ほど、ツイッターにアップしている。すでに2千種類以上のパターンがあるという。

「3年くらい前からキャラクターなどの絵を描いていました。3Dを思いついたのは去年の夏くらい。自分で試行錯誤しながら作っています。絵が下手なので、僕はアイデア勝負なんです」(山本さん)

 彼の作品は、国内外のネットニュースや、ツイッター、フェイスブックで世界中にあっという間に広まった。今やツイッターのフォロワー数は9万9千人を超える。何語かわからない言葉でコメントをもらうこともあるとか。

「目標は自分のお店を持つこと。ラテアートでアニメや絵本を作れないかな、とも考えています」(同)

 数分で、努力も“水の泡”となる。でも、人を喜ばせたいという情熱は、お仕事の基本かも。

週刊朝日 2013年6月14日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい