岸信介とCIAの密接な関係 自民党にも金の流れ?

2013/05/17 07:00

 米国の戦後アジア政策は、米国の権益を守ってくれる、その国の「ストロングマン」を探し出すことから始まる。巣鴨プリズンを釈放された岸信介(後に首相)は、「強い男」として米国保守派に見いだされ、CIAの庇護を受け続けていた。

あわせて読みたい

  • 日本中の通信はすべて傍受可能? NSAの実力とは

    日本中の通信はすべて傍受可能? NSAの実力とは

    TPP

    週刊朝日

    7/5

    ロッキード事件から40年 「日米安保が破壊される」と疑惑もみ消しを依頼した中曽根幹事長

    ロッキード事件から40年 「日米安保が破壊される」と疑惑もみ消しを依頼した中曽根幹事長

    週刊朝日

    7/29

  • アメリカのためには「大統領」の失脚も狙う 知られざる「FBIの実態」

    アメリカのためには「大統領」の失脚も狙う 知られざる「FBIの実態」

    BOOKSTAND

    2/21

    歴史も動く? 首相への電話盗聴にドイツ人の怒り止まらず

    歴史も動く? 首相への電話盗聴にドイツ人の怒り止まらず

    AERA

    1/26

  • スノーデン 独白 消せない記録

    スノーデン 独白 消せない記録

    週刊朝日

    1/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す