内村航平は結婚で何かを変えたかった? 鳳華氏が語る 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

内村航平は結婚で何かを変えたかった? 鳳華氏が語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#結婚

 11月に結婚を発表した体操の内村航平選手。運命分析学「未来学」の考案者、鳳華氏に内村選手の今後を聞いてみた。

*  *  *
 ロンドン五輪で体操競技・男子個人総合の金メダリストとなった内村選手は、俗称・タレント星の「氷の星」。周囲にいつも人が集まる人気者です。巳年なので慎重で神経質ですが、対人関係に関しては如才がなく、お茶目。ただし、ストイックな追い込みにはストレスを感じる一面も。ほめられ、おだてられると、どんどん伸びるタイプです。

 2012年の運気は成長できる「伸」。恋も仕事もうまくいく時期なので、結婚は大正解。ただ、婚姻届を提出した11月11日に、裏切りを意味する「転」の星が動いていました。結婚を機に何かをチェンジしたかったのだと思います。もしかしたら、彼を溺愛している母親との関係なのかもしれませんね。

「氷の星」の男性は家族運が薄いため、両親や妻の個性が強烈だと、自分の人生選択を誤ってしまう恐れがあります。内村選手は、一人孤独に自分と向き合うことで勝負運を発揮し、大きな結果を残せる人。奥さまがその点を理解してくれる女性なら、家庭も仕事も順風満帆だと思います。

週刊朝日 2012年12月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい