16日衆院解散の裏に隠された「公明党への配慮」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16日衆院解散の裏に隠された「公明党への配慮」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 野田佳彦首相(55)は11月14日の党首討論において、「次期首相」と目される自民党の安倍晋三総裁(58)を相手に「16日に解散してもいい」と宣言し、実現した。この解散時期は、選挙後を見据えた深謀遠慮の末に選ばれたのだという。

 大きかったのは公明党との関係だ。これまで公明党は、消費増税関連法案で政権に助け船を出して3党合意に持ち込んだり、8月末の首相問責決議案の採決に欠席したりしていた。

「野田さんは、国会運営で汗をかいてくれた公明党の漆原良夫国対委員長(68)への感謝の言葉をいつも口にしている」(首相周辺)

 公明党は、来年夏の都議選や参院選とのダブル、トリプル選挙だけは絶対回避するよう、水面下で求め続けてきた。今回、年内解散を実現したことで、民公連携の目を残した形だ。ある公明党幹部は「これ以上ないタイミングだ。最高の宰相だ」と絶賛した。

週刊朝日 2012年11月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい