田原総一郎氏「日本の右傾化で日米関係悪化の可能性」

田原総一朗

2012/11/15 11:00

 11月6日に投開票された米大統領選挙は民主党のバラク・オバマ大統領が共和党のミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事に勝利した。景気低迷、高い失業率などの経済失策が弱点と思われたオバマ大統領の再選を後押ししたのは、全米で強まっている格差反対の声であると田原総一朗氏は洞察する。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す