独の物理学者 日本の脱原発は「いまがチャンス」

原発

2012/10/16 16:00

 福島原発事故を受けて、ドイツは2022年までに国内17基の原発すべてを閉鎖することに決めた。ジャーナリストの邨野継雄氏は、ドイツの古都フライブルク市の環境保全局長であり、核技術を専門とする物理学者でもあるディーター・ヴェルナー博士に、3.11以降の福島第一原発の有り様をどのように見つめていたのか尋ねた。

あわせて読みたい

  • 「日本で起こるなら独でも」の思いが脱原発を推進

    「日本で起こるなら独でも」の思いが脱原発を推進

    週刊朝日

    10/5

    独フライブルク 日本が見習いたい環境都市への歩み

    独フライブルク 日本が見習いたい環境都市への歩み

    週刊朝日

    10/12

  • 脱原発のドイツ、日本の原発使用は「理解できない」?

    脱原発のドイツ、日本の原発使用は「理解できない」?

    AERA

    3/26

    7千基のバイオマス発電所も 「脱原発」ドイツの実態

    7千基のバイオマス発電所も 「脱原発」ドイツの実態

    週刊朝日

    10/12

  • 黒字決算でも進む再稼働 怒る株主が電力9社に“脱原発”70提案

    黒字決算でも進む再稼働 怒る株主が電力9社に“脱原発”70提案

    週刊朝日

    6/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す