原監督 五輪おじさんの同点満塁ホームラン予言的中に「すごいねえ」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

原監督 五輪おじさんの同点満塁ホームラン予言的中に「すごいねえ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 ロンドン五輪まであと1カ月。東京五輪以降すべての夏季大会を現地観戦してきた「オリンピックおじさん」こと山田直稔さんが、1996年のアトランタ五輪でいちばん印象に残っているのは、野球の日本対キューバの決勝戦だ。

*  *  *
 この五輪の思い出といえば、前回のバルセロナから正式競技に採用された野球だね。当時の日本はアマチュア選手だけでチームを作ってたんだけど、予選リーグから大苦戦。初戦に勝った後は、キューバ、豪州、米国に3連敗。だけどそこから3連勝して、何とか決勝トーナメントに勝ち上がったんだ。

 準決勝は格上の米国が相手だったけれど、打線が爆発して11-2で圧勝。勢いに乗って、「世界最強」キューバとの決勝に臨んだんだ。

 当日、私は別の競技から「転戦」して球場へ行った。そしたらすでに3回裏で0-6の劣勢。連投になった先発の杉浦正則さんが1回に連続ホームランを打たれちゃって......。

 あちゃー、と思ったけど、4回表に1点返して、5回表も1点を返してさらに満塁になった。次のバッターは日本の4番・松中信彦さん(現ソフトバンク)。打席に向かう時に、

「ホームランしかないよ。ホームランしか。向こうは焦ってる。失投を待てっ」

 って声をかけた。私の声は大きいから、スタンドじゅうに聞こえてるんだ。

 カウント1-1から、外角の変化球を振り抜く。打球は左へ。伸びて、伸びて、入ったーーーーーーーー。

 近くに座っていた解説者の原辰徳さん(現巨人監督)が、声をかけてくれた。

「すごいねえ。団長の言う通りになるんだね」

 ほんと、自分の言った通りになると、応援のしがいもあるってもんだね。

※週刊朝日 2012年7月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい