東大「秋入学」でニッポン復活 (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大「秋入学」でニッポン復活

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代の肖像 尾木直樹 (eAERA) [Kindle版]

朝山実著/遠崎智宏写真

B00JR5M31I

amazonamazon.co.jp

 新入生を祝福するのは、満開の桜ではなく、うだるような残暑とセミの大合唱になるかもしれない。東京大学が5年後をめどに、学部の入学時期を春から秋に全面移行する方針を発表した。旧帝大や有名私大でも同調する動きが急速に広がっている。関係者は「世界に勝つため」などとなにやら鼻息が荒いのだ。

 欧州危機の足音が高まり、立ちすくむ経済。未曽有の大震災と原発事故に、いまも有効な解決策を見いだせない政治。国民の閉塞感がいや増すなか、東大の浜田純一総長は1月20日、記者会見でこう語った。「今の日本は厳しい状況に置かれている。大学が変わることで、社会を変える条件を作りたい」

 その最大の"起爆剤"が、この日、公表された東大の秋入学への全面移行構想だった。

 浜田総長は、「東大単独で秋入学は実施しない。他大学と足並みをそろえることが大事だ」

 と強調。4月をめどに北海道大▽東北大▽筑波大▽東京工業大▽一橋大▽名古屋大▽京都大▽大阪大▽九州大▽早稲田大▽慶応大の11大学と秋入学を検討する協議会を作り、大学側と経団連など経済界との間で、卒業も秋になった場合を想定して、学生の採用時期などについて協議する意向を明らかにした。

 2年程度でこれらを議論し、残りの3年を周知期間にあてるとしている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい