検察の「裏ガネ」が育てた日本の公費天国

2010/11/24 17:54

 大阪地検特捜部の証拠改ざん事件について大林宏・検事総長(63)は10月21日の記者会見で、「前代未聞の事態に至り、国民の皆様に深くおわびする」と謝罪した。

あわせて読みたい

  • 「ゴーン再逮捕は東京地検特捜部の口封じ」三井環元大阪高検部長が激白

    「ゴーン再逮捕は東京地検特捜部の口封じ」三井環元大阪高検部長が激白

    週刊朝日

    4/4

    【スクープ】第二の村木事件 元検察事務官が訴える検察の「証拠」改ざん

    【スクープ】第二の村木事件 元検察事務官が訴える検察の「証拠」改ざん

    週刊朝日

    1/8

  • 「大阪の事件捜査の顔」が大阪高検に就任、森友学園問題で忖度する気はゼロ

    「大阪の事件捜査の顔」が大阪高検に就任、森友学園問題で忖度する気はゼロ

    AERA

    4/3

    事件をでっち上げて出世「検察利権」

    事件をでっち上げて出世「検察利権」

    週刊朝日

    10/7

  • 日産のクーデター失敗で西川社長が明智光秀になる日 ゴーン再逮捕も特捜部敗北の危機

    日産のクーデター失敗で西川社長が明智光秀になる日 ゴーン再逮捕も特捜部敗北の危機

    dot.

    12/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す