森村泰昌さんが大阪・北加賀屋に個人美術館

  • ミュージアムの総面積は約400平方メートル。二つのギャラリーのほか、ミニシアター、ライブラリー、サロン、ミュージアムショップなどがある(撮影/植田真紗美)

    ミュージアムの総面積は約400平方メートル。二つのギャラリーのほか、ミニシアター、ライブラリー、サロン、ミュージアムショップなどがある(撮影/植田真紗美)

  • もともと家具店にあったレトロな手すりごしに、3Dプリンターで彫刻した森村さんの自画像が見えるしかけ(撮影/植田真紗美)

    もともと家具店にあったレトロな手すりごしに、3Dプリンターで彫刻した森村さんの自画像が見えるしかけ(撮影/植田真紗美)

  • オープン数日前。化粧直しした元家具店の壁に、つぎつぎ作品が配され、館内はみるみるうちに美術館に変貌を遂げた(撮影/植田真紗美)

    オープン数日前。化粧直しした元家具店の壁に、つぎつぎ作品が配され、館内はみるみるうちに美術館に変貌を遂げた(撮影/植田真紗美)

  • 森村さんの実家のお茶屋で使われていた茶箱を配したミュージアムショップ(撮影/植田真紗美)

    森村さんの実家のお茶屋で使われていた茶箱を配したミュージアムショップ(撮影/植田真紗美)

  • ピンバッジや雑貨のほか、過去の展覧会で販売されたお宝絵はがきも、1枚150円で販売(撮影/植田真紗美)

    ピンバッジや雑貨のほか、過去の展覧会で販売されたお宝絵はがきも、1枚150円で販売(撮影/植田真紗美)

  • オープン前の美術館全景。1月27日までの会期中、金土日のみ開館する。その後は年に2回ほどの企画展を開催予定(撮影/植田真紗美)

    オープン前の美術館全景。1月27日までの会期中、金土日のみ開館する。その後は年に2回ほどの企画展を開催予定(撮影/植田真紗美)

  • 川沿いに立つ名村造船所跡(撮影/植田真紗美)

    川沿いに立つ名村造船所跡(撮影/植田真紗美)

  • 造船業で栄えた北加賀屋の「千鳥文化住宅」を改装。カフェやギャラリーが入る「千鳥文化」と呼ばれるスペースに(撮影/植田真紗美)

    造船業で栄えた北加賀屋の「千鳥文化住宅」を改装。カフェやギャラリーが入る「千鳥文化」と呼ばれるスペースに(撮影/植田真紗美)

  • オランダの若手アーティスト、F.ホフマンの作品「ラバー・ダック」のミニチュアがいる北加賀屋の千島土地のオフィスと芝川社長(撮影/植田真紗美)

    オランダの若手アーティスト、F.ホフマンの作品「ラバー・ダック」のミニチュアがいる北加賀屋の千島土地のオフィスと芝川社長(撮影/植田真紗美)

  • 関連記事

    • 造船の町「大阪・北加賀屋」に美術館を開設 森村泰昌の思いとは?

      造船の町「大阪・北加賀屋」に美術館を開設 森村泰昌の思いとは?

    • 造船跡がクリエイティブの拠点へ 変貌する大阪・北加賀屋の町並み

      造船跡がクリエイティブの拠点へ 変貌する大阪・北加賀屋の町並み

    • 「プーシキン美術館展」を写真で紹介! 作品も見せます

      「プーシキン美術館展」を写真で紹介! 作品も見せます

    記事本文に戻る
ミュージアムの総面積は約400平方メートル。二つのギャラリーのほか、ミニシアター、ライブラリー、サロン、ミュージアムショップなどがある(撮影/植田真紗美)
もともと家具店にあったレトロな手すりごしに、3Dプリンターで彫刻した森村さんの自画像が見えるしかけ(撮影/植田真紗美)
オープン数日前。化粧直しした元家具店の壁に、つぎつぎ作品が配され、館内はみるみるうちに美術館に変貌を遂げた(撮影/植田真紗美)
森村さんの実家のお茶屋で使われていた茶箱を配したミュージアムショップ(撮影/植田真紗美)
ピンバッジや雑貨のほか、過去の展覧会で販売されたお宝絵はがきも、1枚150円で販売(撮影/植田真紗美)
オープン前の美術館全景。1月27日までの会期中、金土日のみ開館する。その後は年に2回ほどの企画展を開催予定(撮影/植田真紗美)
川沿いに立つ名村造船所跡(撮影/植田真紗美)
造船業で栄えた北加賀屋の「千鳥文化住宅」を改装。カフェやギャラリーが入る「千鳥文化」と呼ばれるスペースに(撮影/植田真紗美)
オランダの若手アーティスト、F.ホフマンの作品「ラバー・ダック」のミニチュアがいる北加賀屋の千島土地のオフィスと芝川社長(撮影/植田真紗美)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • プーシキン美術館館長×森村泰昌対談「日本人とロシア人の感受性は近い」

    プーシキン美術館館長×森村泰昌対談「日本人とロシア人の感受性は近い」

    AERA

    6/3

    森村泰昌がバーテンダーの女性になりきって体感したマネの魅力

    森村泰昌がバーテンダーの女性になりきって体感したマネの魅力

    AERA

    10/19

  • 【写真特集】ブックホテル「箱根本箱」

    【写真特集】ブックホテル「箱根本箱」

    9/12

    藤田富フォトギャラリー

    藤田富フォトギャラリー

    2/14

  • 3畳でも快適な「現代版」狭小アパートが若者に人気 一体なぜ?

    3畳でも快適な「現代版」狭小アパートが若者に人気 一体なぜ?

    AERA

    2/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す