玄界灘 沖ノ島―― 神宿る島に集う人々

  • 1時間弱の荒海の航海ののち、忽然と島が現れる

    1時間弱の荒海の航海ののち、忽然と島が現れる

  • 全裸で海に入り、禊をする参拝者たち

    全裸で海に入り、禊をする参拝者たち

  • 宗像大社沖津宮の社殿。天照の娘である宗像三女神の一人、田心姫命(たごりひめのかみ)がまつられる

    宗像大社沖津宮の社殿。天照の娘である宗像三女神の一人、田心姫命(たごりひめのかみ)がまつられる

  • 参拝者は、50~60代を中心とした様々な職業の男性たち。八百万の神が集まっているようだ

    参拝者は、50~60代を中心とした様々な職業の男性たち。八百万の神が集まっているようだ

  • 神職が一人きりで島に滞在し、10日交代で島を守る

    神職が一人きりで島に滞在し、10日交代で島を守る

  • 様々な格好の参拝者も、裸になれば同じ肌色の一塊に

    様々な格好の参拝者も、裸になれば同じ肌色の一塊に

  • 島のあちこちに巨石が転がる。巨石には、霊力が宿ると信じられている

    島のあちこちに巨石が転がる。巨石には、霊力が宿ると信じられている

  • 波止場に降りると、地元の漁師たちが、そうめんと魚の煮つけを振る舞ってくれた

    波止場に降りると、地元の漁師たちが、そうめんと魚の煮つけを振る舞ってくれた

  • 関連記事

    • 年に一度だけ上陸が許される「神宿る島」とは?

      年に一度だけ上陸が許される「神宿る島」とは?

    • 行きたくても行けない世界遺産「沖ノ島」 神宿る島に宿る日本の宝

      行きたくても行けない世界遺産「沖ノ島」 神宿る島に宿る日本の宝

    • 神宿る島 沖ノ島

      神宿る島 沖ノ島

    写真の記事を読む
1時間弱の荒海の航海ののち、忽然と島が現れる
全裸で海に入り、禊をする参拝者たち
宗像大社沖津宮の社殿。天照の娘である宗像三女神の一人、田心姫命(たごりひめのかみ)がまつられる
参拝者は、50~60代を中心とした様々な職業の男性たち。八百万の神が集まっているようだ
神職が一人きりで島に滞在し、10日交代で島を守る
様々な格好の参拝者も、裸になれば同じ肌色の一塊に
島のあちこちに巨石が転がる。巨石には、霊力が宿ると信じられている
波止場に降りると、地元の漁師たちが、そうめんと魚の煮つけを振る舞ってくれた
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 祝25周年! 達人が厳選した“絶対行きたい”「道の駅」20(後編)

    祝25周年! 達人が厳選した“絶対行きたい”「道の駅」20(後編)

    週刊朝日

    2/13

    ギャラクシー賞 テレビ部門【月間賞】発表 2017年7月度

    ギャラクシー賞 テレビ部門【月間賞】発表 2017年7月度

    GALAC

    9/12

  • サピエンス日本上陸 3万年前の大航海

    サピエンス日本上陸 3万年前の大航海

    週刊朝日

    6/5

    日本初、エネルギー自給自足めざす島

    日本初、エネルギー自給自足めざす島

    週刊朝日

    3/21

  • 年末年始はお家で「脳内 Go To!」 島旅ライターおすすめの脳内“島”トリップ・ベスト3!

    年末年始はお家で「脳内 Go To!」 島旅ライターおすすめの脳内“島”トリップ・ベスト3!

    dot.

    1/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す