村上春樹独占インタビュー「どんな状況でも人は楽しめるなにかが必要です」週刊朝日 創刊99周年記念特集一挙18ページ/「名物連載」で振り返る99年史

花粉症で拡大するコロナ感染/東京五輪「2032年延期」も不透明/眞子さまと小室さん 結婚後どうなる皇室生活/2月2日発売

2021/02/01 10:55

 2月で創刊99周年を迎えた「週刊朝日」。これを記念した特別企画として、かつて同誌で名物コラム「週刊村上朝日堂」を連載していた作家の村上春樹さんが、独占インタビューに応じました。世界中に読者を持つ村上さんは、新型コロナウイルスの感染が広がる中、「どんな状況でも人は楽しめるなにかが必要です」と、持論を語ります。では、村上さんが今、楽しめる何かとは──。他にも、司馬遼太郎「街道をゆく」やナンシー関「小耳にはさもう」など、週刊朝日「名物連載」の歴史、花粉症の「くしゃみ」に潜むコロナ感染拡大のリスク、東京五輪「2032年延期」に横たわる大問題など、充実のラインナップでお届けします。

あわせて読みたい

  • 「村上春樹さんとは波長が合ったんでしょうね」亡き安西水丸を妻が語る

    「村上春樹さんとは波長が合ったんでしょうね」亡き安西水丸を妻が語る

    週刊朝日

    2/4

    司馬遼太郎が見た景色がなくなっていても「見えてくる風景がある」 その瞬間とは?

    司馬遼太郎が見た景色がなくなっていても「見えてくる風景がある」 その瞬間とは?

    AERA

    11/4

  • 20年以上「過激なケーハク」綴る作家の意気込み 嵐山光三郎「枯れてたまるか!」

    20年以上「過激なケーハク」綴る作家の意気込み 嵐山光三郎「枯れてたまるか!」

    週刊朝日

    2/6

    「小林修 写真展 司馬遼太郎の世界」11年ぶりの開催

    「小林修 写真展 司馬遼太郎の世界」11年ぶりの開催

    4/5

  • 没後22年「司馬遼太郎」の世界に挑戦するカメラマンの流儀

    没後22年「司馬遼太郎」の世界に挑戦するカメラマンの流儀

    週刊朝日

    10/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す