遺言。

ベストセラー解読

2017/12/20 10:30

 いきなりで恐縮だが、私なりに昨年の自分と今日の自分をくらべると、感覚としては少し老けたと感じる。視覚的にも体力的にも、そう違いを実感する。しかし、意識としては、同じ私である──こんなことを確かめてしまったのは、ヒトの「感覚」と「意識」の関わりについて書かれた養老孟司の新刊、『遺言。』を読んだからだ。

あわせて読みたい

  • 養老孟司は“死体”を持ち歩いていた?

    養老孟司は“死体”を持ち歩いていた?

    週刊朝日

    5/26

    養老孟司「不安と同居するやり方を覚えるのが成熟」コロナ禍の社会で

    養老孟司「不安と同居するやり方を覚えるのが成熟」コロナ禍の社会で

    週刊朝日

    8/18

  • 体重15キロ減で病院嫌いの養老孟司が…新刊に見る“理想の医療”

    体重15キロ減で病院嫌いの養老孟司が…新刊に見る“理想の医療”

    週刊朝日

    9/27

    タバコは肺がんリスクなし? 養老孟司が禁煙しない理由

    タバコは肺がんリスクなし? 養老孟司が禁煙しない理由

    週刊朝日

    11/16

  • 養老孟司「解剖学的視点で見ると『オリンピックは現代の歪み』だ」

    養老孟司「解剖学的視点で見ると『オリンピックは現代の歪み』だ」

    週刊朝日

    3/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す