書評『高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか?』大理奈穂子・栗田隆子・大野左紀子著/水月昭道監修 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか? 大理奈穂子・栗田隆子・大野左紀子著/水月昭道監修

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡瑛理書評#話題の新刊

高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか?

大理奈穂子・栗田隆子・大野左紀子著/水月昭道監修

978-4334037840
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 国立大の大学院を博士課程まで修了しても就職先がない──「高学歴ワーキングプア」とも呼ばれる人々をめぐる悲惨な実態が2000年代後半、注目を浴びた。本書はそうした議論を継承しつつ、高学歴者のなかにある隠れた「男女の差」について問題提起を行う。
 1980年代以降、博士課程で学ぶ女性の数は急増しているものの、専任教員の女性比率は際立って低い。正規雇用されない女性たちが行きつく先は非常勤講師という不安定な身分で、非常勤講師率は男性の2倍以上という。女性の教員は実に40%が非常勤講師なのだ。データとともに明るみに出されるのは「高学歴女子」を取り巻く厳しい現実と、それを産み出した社会構造だ。
 著者のうち2名は当事者であり、非常勤講師はセクハラに曝されやすいなど、語られる実態は生々しい。自らの半生を顧みた手記も一読の価値がある。けれども本書の最たる意義は、悲惨さを訴えて終わるのではなく、その奥にある「女子にとっての知性や学歴とは何か?」という問いの提起だ。その矛先は男性にも向けられている。

週刊朝日 2014年6月27日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい