「自意識過剰」「性的な写真あるなら検索する」元女子バレー日本代表・大山加奈も悩ませた“アスリート盗撮”の厳罰化は進むのか

大山加奈

2023/04/16 08:30

法務省の法制審議会(法制審)では、盗撮などを取り締まる「撮影罪」を新設する動きが進んでいる。だが、かねて問題となってきたアスリートへの盗撮に関しては「性的意図があるかないかの線引きが難しい」などとして置き去りになっている。この問題を考えるシンポジウムが15日に都内で開かれ、元バレーボール日本代表の大山加奈さんらが登壇。大山さんは自らが経験した被害の実態を語り、この問題に取り組む弁護士らは法整備の必要性を強く訴えた。

あわせて読みたい

  • 「下半身狙って撮影」も…水着で戦う女子ビーチバレーは“性的視線”にどう対処すべきか

    「下半身狙って撮影」も…水着で戦う女子ビーチバレーは“性的視線”にどう対処すべきか

    dot.

    2/25

    盗撮1万人&画像販売しても“実刑”にはならない? 盗撮犯罪に「時効」は必要なのか

    盗撮1万人&画像販売しても“実刑”にはならない? 盗撮犯罪に「時効」は必要なのか

    dot.

    3/1

  • 「盗撮冤罪」から身を守れ! 元刑事が語る、写真愛好家と盗撮犯の違いとは?

    「盗撮冤罪」から身を守れ! 元刑事が語る、写真愛好家と盗撮犯の違いとは?

    dot.

    7/4

    盗撮、肖像権、プライバシー権… いまさら聞けないスナップ撮影の「落とし穴」

    盗撮、肖像権、プライバシー権… いまさら聞けないスナップ撮影の「落とし穴」

    dot.

    11/18

  • 元刑事が語る「写真愛好家」と「盗撮犯」の違いとは?

    元刑事が語る「写真愛好家」と「盗撮犯」の違いとは?

    dot.

    2/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す