中学受験「新タイプ入試」の導入校は首都圏で150校に 4教科、2教科以外の入試が増えたワケ

2023中学入試の今

中学入試

2023/01/14 08:00

中学受験では、これまで4科(国・算・理・社)、2科(国・算)などの教科で選抜を行う試験が一般的でしたが、近年、多様な評価軸で受験生の力を測ろうとする私学が増えています。いわゆる「新タイプ入試」を導入する私学は、首都圏では150校にも及んでいます。なぜこれほど広がったのか、また中学入試にどのような影響を与えているのか――。「中学入試の今」をテーマにしたAERA dot.の短期集中連載、2回目は、新タイプ入試について考えます。

あわせて読みたい

  • 高倍率な公立中高一貫校受験の併願狙い? 私立中学入試に「別」の思惑

    高倍率な公立中高一貫校受験の併願狙い? 私立中学入試に「別」の思惑

    AERA

    1/26

    受験エリート校はダメ? 中学入試で「脳みそに汗をかく問題」が好まれる理由

    受験エリート校はダメ? 中学入試で「脳みそに汗をかく問題」が好まれる理由

    AERA

    1/25

  • 中学入試でリアル脱出ゲーム!? レゴ、謎解き、プログラミング…多様化する試験の狙いとは?

    中学入試でリアル脱出ゲーム!? レゴ、謎解き、プログラミング…多様化する試験の狙いとは?

    dot.

    4/10

    “日本一”入試方法が多い私立中学の狙いとは 「中学受験=塾通い」の常識を覆す

    “日本一”入試方法が多い私立中学の狙いとは 「中学受験=塾通い」の常識を覆す

    dot.

    7/20

  • 小6の12月からでも私立中学は目指せる? 進学塾に通っていなくても合格が狙える入試とは

    小6の12月からでも私立中学は目指せる? 進学塾に通っていなくても合格が狙える入試とは

    dot.

    12/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す