「ぼくと赤ちゃん、どっちがかわいい?」と聞かれたら親は何と答える? 専門家が出した結論は

2022/12/26 11:30

 下の子が生まれると、とたんに上の子はお兄ちゃん・お姉ちゃんになります。上の子だってまだ幼いのに、親はどうしても手のかかる下の子に時間をとられ、上の子には「しっかりしてほしい」と思ってしまう傾向があるようです。それが悪いわけではありませんが、上の子にとっては理不尽に感じることもあります。その傾向が強くなりすぎ、親子関係になんらかの問題を引き起こすことを、俗に「上の子かわいくない症候群」と呼びます。自分にもその傾向があると気づいたらどうすればいいのでしょう? 今回はその対策について発達心理学者の岩立京子さんにうかがいました。

あわせて読みたい

  • 上の子が「鬱陶しい」、もしかして「上の子かわいくない症候群」と思ったら【チェックリストつき】

    上の子が「鬱陶しい」、もしかして「上の子かわいくない症候群」と思ったら【チェックリストつき】

    dot.

    12/26

    乳児の口に他人の血――医師もだまされる「代理ミュンヒハウゼン症候群」

    乳児の口に他人の血――医師もだまされる「代理ミュンヒハウゼン症候群」

    週刊朝日

    9/22

  • 難しい長男・長女の“しつけ” やりがちな間違いと接し方とは?

    難しい長男・長女の“しつけ” やりがちな間違いと接し方とは?

    dot.

    1/21

    間下このみが告白 息子の死で知った「不育症」との闘い

    間下このみが告白 息子の死で知った「不育症」との闘い

    AERA

    4/1

  • 親子で心がパンクしないために… 情報過多の現代的子育て「惑わされないため」に大事な4つのこと
    筆者の顔写真

    中田馨

    親子で心がパンクしないために… 情報過多の現代的子育て「惑わされないため」に大事な4つのこと

    AERA

    5/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す