批判の声がやまない「走行距離課税」案の背景に10年前の大事故 導入ならば「ガソリン税」廃止は?

自動車

2022/11/28 11:30

 走れば走るほど税金が課せられる自動車の「走行距離課税」案への批判の声が止まらない。背景にあるのは「これ以上、まだ税金をとるのか」という、自動車税制の理不尽さに対する不信感だ。同案が浮上した政府の税制調査会に財務省が提出した資料によると、課税の目的は年々増加する道路の老朽化対策である。ちょうど10年前に起こった痛ましい事故が老朽化の対策を見直すきっかけの一つとされているが、一方で、「ガソリン税」などの見直しを指摘する声も上がっている。

あわせて読みたい

  • 走るほど課税される“走行距離税”に自動車評論家が「もう、めちゃくちゃです」と憤る決定的な理由

    走るほど課税される“走行距離税”に自動車評論家が「もう、めちゃくちゃです」と憤る決定的な理由

    dot.

    11/9

    走るほど課税される“走行距離税”に自動車評論家が「もう、めちゃくちゃです」と憤る決定的な理由【2022年 反響の大きかった記事22選】

    走るほど課税される“走行距離税”に自動車評論家が「もう、めちゃくちゃです」と憤る決定的な理由【2022年 反響の大きかった記事22選】

    dot.

    12/19

  • 電気自動車が正念場 高価格と充電設備不足が足かせに

    電気自動車が正念場 高価格と充電設備不足が足かせに

    週刊朝日

    10/17

    予言的中の辛坊治郎氏 笹子トンネル事故の「本質」を解説

    予言的中の辛坊治郎氏 笹子トンネル事故の「本質」を解説

    週刊朝日

    12/10

  • 崩落の笹子トンネル「加齢」以外に気がかりな点も

    崩落の笹子トンネル「加齢」以外に気がかりな点も

    AERA

    12/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す