「生活保護」だった少年時代のアルバイト経験が「パックン」という人間を完成させた 新聞配達が教えてくれた一番大事なこととは?

お金

2022/11/28 08:00

「生活保護」の状態から、奨学金や借金でハーバード大学に進学したパトリック・ハーラン(パックン)。現在では東京都心に邸宅を構え、お金に悩まされずに、家族と楽しく過ごしています。この大逆転の理由を、パックンは「お金を育てる方法」を知っていたから、と語ります。最新刊『パックン式 お金の育て方』では、誰にでもマネできるお金との付き合い方を紹介しています。パックンが10歳から行っていた新聞配達。この習慣が、現在のパックンという人間の基礎になったと言います。「お金の本当の価値を知るための労働」とは? 本質が分かるから、安心してお金と付き合えるパックン式メソッドを、本書から一部を抜粋・再編して大公開します。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す