走るほど課税される“走行距離税”に自動車評論家が「もう、めちゃくちゃです」と憤る決定的な理由

税金

2022/11/09 07:00

 自動車に対する“走行距離税”の導入検討が波紋を呼んでいる。10月26日に開かれた政府の税制調査会で提案されたもので、要するに、走れば走るほど税金が課せられる。これについて、自動車評論家の国沢光宏さんは「もう何なのって、言いたくなるような話。めちゃくちゃですよ」と憤る。

あわせて読みたい

  • 電気自動車が正念場 高価格と充電設備不足が足かせに

    電気自動車が正念場 高価格と充電設備不足が足かせに

    週刊朝日

    10/17

    カローラは「車名で失敗」? “往年の名車”復活の裏側

    カローラは「車名で失敗」? “往年の名車”復活の裏側

    週刊朝日

    1/11

  • トヨタ30年にEV「350万台」 「全方位」堅持もアクセル踏む事情

    トヨタ30年にEV「350万台」 「全方位」堅持もアクセル踏む事情

    週刊朝日

    12/22

    古賀茂明「安倍政権の戦略ミスで電気自動車は世界最後尾の日本 トヨタ社長の涙の意味」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「安倍政権の戦略ミスで電気自動車は世界最後尾の日本 トヨタ社長の涙の意味」

    dot.

    7/10

  • ヴィンテージカーを電気自動車に “コンバートEV”で愛車に長く乗れる新しい選択肢

    ヴィンテージカーを電気自動車に “コンバートEV”で愛車に長く乗れる新しい選択肢

    AERA

    3/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す