学校のルールも小学生が自分たちで見直し! 伝統の私立小学校が掲げる「最上位目標」とは

AERAwithKids

2022/11/08 16:00

子どものアイデアを形にする「VIVISTOP NITOBE」(学校提供)
子どものアイデアを形にする「VIVISTOP NITOBE」(学校提供)

 新しい教育に取り組む学校を紹介する連載「学校最前線」。今回は、クリエイティブな教育に力を入れる新渡戸文化小学校を取材しました。現在発売中の「AERA with Kids 2022年秋号」(朝日新聞出版)から紹介します。

【写真】入試倍率30倍!全国初の公立小中高一貫校はこちら

*  *  *

 1948年開設、新渡戸稲造氏が初代校長を務めた新渡戸文化小学校は、「自分だけでなく、周囲が幸せになるために尽くすこと」を目指し、「ハピネスクリエイター」を学校の最上位目標に掲げます。杉本竜之校長はこう語ります。「それが世に生まれた大きな目的だと、新渡戸先生はおっしゃいました。また、教え込むのではなく、新しい知識を得たいという気持ちを起こさせること。学校の中だけではなく社会とつながりながら学ぶ『学俗接近』も大切にしていました」

 ハピネスクリエイターを実現するために、「自律型学習者の育成」を自校の役割としています。

「大人が与えた答えに向かっていくのではなく、子どもが自分で育つ学校にしていきたい。学校のルールも子どもたちで作り直しています。例えば、朝登校したら体育着に着替えるルールがありましたが、全校ミーティングで検討し、3年生からは一律に着替えではなく、自分で判断することになりました。自分で考え、課題を発見できるように成長してほしい」(杉本校長)

「町を調べよう」のテーマでは旅行会社HISとコラボし、仮想の旅行会社を作った(学校提供)
「町を調べよう」のテーマでは旅行会社HISとコラボし、仮想の旅行会社を作った(学校提供)

 同校の方向性を象徴する取り組みの一つが「プロジェクト科」です。総合的な学習の時間を活用し、子どもたちが主体的に学び、その成果を発信しています。ルールは「4つの約束」だけで、子どもたちが話し合ってプロジェクトを決めているそうです。

「昨年の3年生は、自分の住んでいる町を詳しく調べ、文化祭で発表しました。その際、旅行会社HISの協力を得て接客を学び、プロさながらに町の良いところをプレゼンテーションしました。また、今年の6年生は修学旅行で岩手県の被災地を訪れました。災害について学ぶだけでなく、現地の暮らしや産業に触れながら『自分にとっての幸せとは?』を突き詰めて考えました」(栢之間倫太郎先生)

1 2

あわせて読みたい

  • コロナ休校中、私立小学校はどう対応した?

    コロナ休校中、私立小学校はどう対応した?

    dot.

    9/19

    小学校受験 エスカレーター式より中学受験に強い学校が人気なワケ

    小学校受験 エスカレーター式より中学受験に強い学校が人気なワケ

    dot.

    10/3

  • 共働き家庭の「お受験」のコツ 受かる願書、不合格の時の対処法とは?

    共働き家庭の「お受験」のコツ 受かる願書、不合格の時の対処法とは?

    dot.

    9/24

    都内の中高一貫校で「推薦入試」重点クラスも 強みは自ら学ぶ「探求学習」カリキュラム

    都内の中高一貫校で「推薦入試」重点クラスも 強みは自ら学ぶ「探求学習」カリキュラム

    AERA

    7/11

  • Kis-My-Ft2の玉森裕太さんが登場!特集は「気象から学ぶ 国語、理科、社会」/「ジュニアエラ10月号」9月14日(水)発売

    Kis-My-Ft2の玉森裕太さんが登場!特集は「気象から学ぶ 国語、理科、社会」/「ジュニアエラ10月号」9月14日(水)発売

    9/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す