ダラダラしがちな子どもの時間管理は「10分刻み」がポイント 専門家に聞く“自立へ導く”親の工夫

AERAwithKids

2022/08/09 09:00

 長い夏休みに親が手を焼きがちな子どもの時間管理。子どもと相談して、やることの順番や時間を決めても、ダラダラしていたり、やることそっちのけで遊び始めたり……。子ども自身が楽しんで時間管理に取り組めるコツを、臨床心理士の中島美鈴さんにうかがいました。現在発売中の「AERA with Kids 2022年夏号」(朝日新聞出版)から一部抜粋して紹介します。

あわせて読みたい

  • 子どもの自由研究は親主導で大枠を固めよう 「必ず『お楽しみ』の予定もセットで」と臨床心理士

    子どもの自由研究は親主導で大枠を固めよう 「必ず『お楽しみ』の予定もセットで」と臨床心理士

    AERA

    7/10

    子どもがハマる3つの「手帳」活用術で時間管理ができる子に

    子どもがハマる3つの「手帳」活用術で時間管理ができる子に

    AERA

    1/18

  • 子どもが自主的に「親がいなくても習い事に行き宿題を済ませる」しくみの作り

    子どもが自主的に「親がいなくても習い事に行き宿題を済ませる」しくみの作り

    AERA

    12/14

    「時間にだらしない」のは性格ではない! 時間管理がうまい家が使っているもの

    「時間にだらしない」のは性格ではない! 時間管理がうまい家が使っているもの

    dot.

    9/22

  • 新しい国家資格「公認心理師」とは? 学校、職場、被災者のカウンセリングなど活躍が期待

    新しい国家資格「公認心理師」とは? 学校、職場、被災者のカウンセリングなど活躍が期待

    dot.

    7/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す