過熱するNFTの可能性 法規制から考えるNFTビジネスの現在地

朝日新聞出版の本

2021/11/05 08:00

「日本には現在、暗号資産(仮想通貨)を明示的に規制する法制度があります。NFT(Non- Fungible Token、非代替性トークン)についてはそれがなく、だからこそ、さまざまなビジネスが花開きつつあるとも言えるでしょう。ただし、現行の法規制の中にも地雷が潜んでいます。それを踏んでしまったらせっかくの花がしぼむ可能性もあるのです」

あわせて読みたい

  • いよいよ本格化するトークンエコノミー 主役となるNFTがもたらす「革命」とは?

    いよいよ本格化するトークンエコノミー 主役となるNFTがもたらす「革命」とは?

    dot.

    10/21

    なぜ暗号資産は「長期投資」向きなのか? 手を出す前に知っておきたい基礎知識

    なぜ暗号資産は「長期投資」向きなのか? 手を出す前に知っておきたい基礎知識

    AERA

    5/22

  • 「暗号資産」42億分の1に暴落したケースも 若者のトラブル急増

    「暗号資産」42億分の1に暴落したケースも 若者のトラブル急増

    週刊朝日

    10/7

    フェイスブックの仮想通貨「リブラ」の衝撃 キーマンが独占取材で明かした狙いとは?

    フェイスブックの仮想通貨「リブラ」の衝撃 キーマンが独占取材で明かした狙いとは?

    AERA

    7/4

  • ザッカーバーグは「他人への共感が欠けている」 FBがもたらす悪影響を米ジャーナリストが指摘

    ザッカーバーグは「他人への共感が欠けている」 FBがもたらす悪影響を米ジャーナリストが指摘

    AERA

    1/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す