「青天を衝け」で注目の「論語」 片付けができない10歳の娘に父親ができることを助言 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「青天を衝け」で注目の「論語」 片付けができない10歳の娘に父親ができることを助言

連載「子育ての悩みを「論語」で解決!」

山口謠司dot.
山口謠司先生

山口謠司先生

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主役である実業家・渋沢栄一が信奉していたことで、いまふたたび「論語」が注目されている。論語は、2500年前の思想家・孔子の教えをまとめた書物で、生き方の指針となる言葉の宝庫だ。「仁(=思いやり)」を理想の道徳とし、企業経営だけでなく、迷える現代の子育てにも役立つ言葉がたくさんちりばめられている。現代の親の悩みに対する処方箋として、「論語パパ」こと中国文献学者の山口謠司先生が、孔子の格言を選んで答える本連載。今回は、「片付けられない10歳の娘」を心配する父親へアドバイスを送る。

*  *  *
【相談者:10歳の娘を持つ40代の父親】
片付けが苦手な10歳の娘に悩んでいる40代の父親です。遊んだあとは散らかしっぱなし、学習机はプリントの山。できないことを指摘すると「わかっている」「うるさい」と怒り返してくるし、親が手を出して片付けることはもっと嫌がります。部屋の中が常に汚いため、掃除が大変になってしまい、やる気が低下し、ますます掃除しなくなるといった悪循環に陥っているようです。このように言う私自身も、片付けが得意なほうではありません。娘に片付けを習慣づけさせたり、整理整頓の意識を育てたりするにはどうしたらよいでしょうか。

【論語パパが選んだ言葉は?】
・子曰わく、「恭にして礼なければ則(すなわ)ち労す。慎にして礼なければ則ち(し)(くさかんむりに思)す。勇にして礼なければ則ち乱る。直にして礼なければ則ち絞(こう)す。君子、親(しん」に篤ければ、則ち民仁に興(お)こる」(泰伯第八)

・曽子曰わく「士は以て弘毅(こうき)ならざる可(べ)からず。任重くして道遠し」(泰伯第八)

【現代語訳】
・孔子がおっしゃった。
「恭しさも礼にかなったものでなければ骨が折れるだけである。慎重さも礼にかなったものでなければ卑屈と思われるだけである。また、勇ましくても礼にかなったものでなければ乱暴なものになり、正直であっても礼にかなったものでなければ辛辣なものになる。もし君主が親族に対し手厚い態度をとるようにすると、それを見習って人民に仁愛の心が育まれていくようになる」

・曽子が言った。
「教養のある人(上に立つ人)は、広い包容力と強い意志を持たなくてはならない。その任務は重く、その道ははるか遠いからである」

【解説】
 お答えします。相談者さん、お子さんに「片付けを習慣づけさせたり、整理整頓の意識を育てたり」するためにお父さんができることは、ただ一つ。自分がそれをすることです。嫌がって片付け、整理整頓をしてはいけませんよ。鼻歌を歌いながら、ニコニコの笑顔で、楽しく明るく、元気にやってください。仕事も同じです。料理や掃除も同じです。苦手なことをやっているときこそ、楽しくやるのです。そうした態度は、すぐにお嬢さんも気づき、きっと楽しく日々の片付け、整理整頓をやってくれるようになるでしょう。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい