聖地エルサレムに日本の建築がつくられている理由 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

聖地エルサレムに日本の建築がつくられている理由

連載「金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニシム・オトマズキンdot.
日本の建築家がエルサレムの学校を設計。工事中の建物(写真提供/アリエ・クッツ氏)

日本の建築家がエルサレムの学校を設計。工事中の建物(写真提供/アリエ・クッツ氏)

建設されるベツァレル芸術デザイン学校のイメージ

建設されるベツァレル芸術デザイン学校のイメージ

 イスラエル・エルサレムの新市街と旧市街をつなぐあたりに、白い立派なロシア正教の聖三位一体大聖堂(ホーリートリニティ大聖堂)があります。最近このあたりを歩いていると、巨大な複合施設が新しく建設されていることに気づきます。 2022年に完成予定の、イスラエルを代表する芸術とデザインの教育機関「ベツァレル芸術デザイン学校」の新しいキャンパスです。実はこの建築物には、日本とイスラエルとの密かな関係があります。その関係とは、この建物は東京を拠点とする建築事務所「SANAA」によって設計されているのです。

 SANAAは、建築家の妹島和世氏と西沢立衛氏によって1995年に設立されました。彼らの作品は自然から着想を得たデザインで知られており、同時に繊細で力強さも表しているのが特徴です。注目すべき作品には、熊野古道なかへち美術館、金沢21世紀美術館、米国オハイオ州トレドにあるトレド美術館のガラスパビリオン、ニューヨークにあるニューミュージアム・オブ・コンテンポラリーアート、東京の表参道にあるクリスチャンディオールビルなどがあります。その功績により、妹島氏と西沢氏は2010年に建築のノーベル賞とされるプリツカー賞を受賞しました。

 今回日本の建築家が選ばれた理由の一つは、三つの宗教の聖地であり、いろいろな民族が建設してきたエルサレムの街で、極東の地、日本の建築スタイルはまだ見ぬ新鮮さを与えるからでしょう。日本の建築は、イスラエル人にとってエキゾチックな感じがするのです。もう一つの要素は、従来の美術品には、西洋ではキリスト教的な影響、中東ではイスラム教的な影響がありました。そんな理由からユダヤ人は宗教を離れた近代美術や現代美術を好む傾向もあり、日本美術のテーマである純粋な自然美はユダヤ人のテイストに合うのだと思います。そして現代の日本の工業デザインや建築は世界で注目されています。

 新しい「ベツァレル・キャンパス」は、「ロシア地区」と呼ばれる広いエリア内に建設されています。「ロシア地区」は1860年、ロシア皇帝アレクサンドル2世によって開発され、エルサレムを訪れるロシアの巡礼者に奉仕するための宿泊施設や祈祷のための大聖堂などが建てられました。当時エルサレムを支配していたオスマン帝国は、両国間の関係の友好化の一環として、ロシアが聖地エルサレムでの存在感を高めることを許可しました。現在でも、モスクワの赤の広場の大聖堂をモデルに1872年に建てられた印象的な大聖堂や、新たに改装されたホテルなどがあり、その一部はエルサレムの公共施設として使われています。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい