親による「連れ去り」の当事者が語る 片親から引き離れた現実と共同親権議論の“問題点”

2020/08/23 09:00

 今、別居に際して一方の親が子どもを“連れ去る”行為が問題となっている。国内では14人の原告による国への集団訴訟に発展し、EUからは「子どもへの虐待だ」として対日決議が出されるなど、国内外で波紋を呼んでいる。本サイトでも「親による『子の連れ去り』が集団訴訟に発展 海外からは“虐待”と非難される実態とは」の記事で取り上げた。問題の根は深く、一方の親が「これは連れ去りで、実子誘拐だ」といえば、もう片方の親は「DVを受けていた。逃れるために仕方なかった」など、通常は親同士が激しく主張をぶつけ合っている。では、当の「子ども」はどう感じているのだろうか。自らを「連れ去りの当事者だった」と語る男性に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 子を“連れ去られた”母親たちの苦悩…片親疎外で子どもからは「罵倒」、学校では「不審者」扱い

    子を“連れ去られた”母親たちの苦悩…片親疎外で子どもからは「罵倒」、学校では「不審者」扱い

    dot.

    1/12

    「毎日が地獄のようだった」親の“連れ去り”体験者が語る 海外では違法化している国も

    「毎日が地獄のようだった」親の“連れ去り”体験者が語る 海外では違法化している国も

    dot.

    5/28

  • 【実録】「子の連れ去り」をめぐる夫婦それぞれの言い分 <夫編>

    【実録】「子の連れ去り」をめぐる夫婦それぞれの言い分 <夫編>

    dot.

    2/13

    福原愛の離婚で注目された「共同親権」は日本でも可能なのか 台湾の弁護士が語る「日本との違い」

    福原愛の離婚で注目された「共同親権」は日本でも可能なのか 台湾の弁護士が語る「日本との違い」

    dot.

    7/23

  • 【実録】「子の連れ去り」をめぐる夫婦それぞれの言い分 <妻編>

    【実録】「子の連れ去り」をめぐる夫婦それぞれの言い分 <妻編>

    dot.

    2/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す