槇原容疑者逮捕でSMAP「世界に一つだけの花」がピンチ 生き残るのはカラオケだけ? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

槇原容疑者逮捕でSMAP「世界に一つだけの花」がピンチ 生き残るのはカラオケだけ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上啓太dot.
槇原敬之容疑者 (c)朝日新聞社

槇原敬之容疑者 (c)朝日新聞社

 シンガー・ソングライターの槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いで警視庁に逮捕された。1999年に同容疑で逮捕されてから約20年越しでの再犯に、業界関係者らが対応に追われている。

【写真】覚せい剤から脱却を目指すプロ野球のスターはいま…

 ファンが心配するのは、槇原容疑者が制作に関わった曲が今後、どのように扱われるのかである。2014年にCHAGE and ASKAのASKA氏が同じく覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕された際には、商品の製造権や販売権を有するユニバーサルミュージックが、CHAGE and ASKAとASKAのソロ作品の出荷やデジタル配信を停止している。

 なかでも注目は、槇原容疑者が作詞・作曲した楽曲「世界に一つだけの花」だ。アイドルグループ・SMAPが歌い、累計売上は300万枚(シングル)を突破した言わずと知れた名曲だ。03年の紅白歌合戦ではこの曲でSMAPが大トリを務めた。同曲は学校の教材でも使用され、カラオケでも定番の曲である。

 同曲のレーベルであるビクターエンタテインメントに、曲の販売・配信停止の可能性について問い合わせると、「ただいま事実確認中で、(今後については)対応を検討中」との回答だった。

 では、教科書はどうか。教科書を出版している光村図書によると、来年度分の小学4年生向けの道徳の教科書はすでに制作が完了しており、ここに同曲が掲載されているという。担当者は「今後については検討中」とコメントした。

 一方で思わぬ反響もある。通信カラオケ「JOY SOUND」を運営するエクシングによると、「世界に一つだけの花」は逮捕前のカラオケランキングで89位だったのが、逮捕後のランキングでは36位にまで上昇しているという。

「『配信停止』についてはレコード会社から要請があれば検討しますが、今のところそのような動きはありません」(担当者)

 カラオケはCD音源を利用していないため、レコード会社が楽曲の販売や配信を停止しても、影響を受ける可能性は低いようだ。レコード関係の著作権に詳しい、渋谷カケル法律事務所の高木啓成弁護士は言う。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい