プロの中でも際立つ才能、河村勇輝の“スケール感”は国内の大学で収まるのか? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プロの中でも際立つ才能、河村勇輝の“スケール感”は国内の大学で収まるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
田村一人dot.
Bリーグで衝撃のプレーを連発している河村勇輝 (c)朝日新聞社

Bリーグで衝撃のプレーを連発している河村勇輝 (c)朝日新聞社

 福岡第一高3年生のポイントガード、河村勇輝が大きな注目を集めている。

 昨年、同校をウインターカップ(全国高等学校バスケットボール選手権大会)2連覇に導く活躍を見せただけではなく、11月の第95回天皇杯(全日本バスケットボール選手権大会)2次ラウンド1回戦では、Bリーグの強豪で大会3連覇中の千葉ジェッツと対戦し73対109で大敗したが、河村は約37分の出場で21得点、10アシスト、6スティールと大活躍。富樫勇樹との「ユウキ対決」でその存在感を見せつけた。

【写真】ユウキ対決!もう1人の「ユウキ」富樫勇樹選手はこちら

 すると、1月末にB1の三遠ネオフェニックスとの特別指定選手契約が決定。同月25日の千葉戦からいきなりコートに立ち、今月10日現在まで7試合に出場している。

 周囲を驚かせたのは、河村にとって2試合目の千葉戦と3試合目の新潟アルビレックスBB戦だ。千葉戦では21得点、先発出場した新潟戦では24得点をマーク。現役高校生として相手チームはもちろん、ファンに衝撃を与えるプレーを見せてくれた。

 それ以降の4試合でも二桁得点した他、1日の宇都宮ブレックス戦では7アシストと司令塔としても申し分ないパフォーマンスを披露。7試合とはいえアベレージで14.7得点、2.7アシスト、3Pシュート成功率43.6%のスタッツは、想像以上のサプライズなのではないだろうか。チームは河村加入後も連敗が止まらないが、河村入団前に3勝しかしてなかったことを考えれば、その責任を高校生に負わせるのは酷というものだろう。

 高校卒業後の河村は、東海大学への進学が決まっている。Bリーグでのプレーは3月までの予定で、その後は、再び特別指定選手としてBリーグでプレーすることはあるだろうが、基本的に大学バスケ部での活動がメインとなる予定だ。

 しかし、河村は日本代表の先発ポイントガードを将来の目標として掲げている。であれば、国内の大学ではなく米国の大学に進学するという選択肢はなかったのだろうか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい