「決算書」でわかる ライザップとソフトバンクの意外な共通点

仕事

2020/01/31 17:00

 17年度には1兆円超えの増益としながら、19年度の中間決算では155億円の赤字となったソフトバンクグループ(以下、ソフトバンクG)。決算書を読む時に大切なのは、「利益の質」に着目することだと説く『100分でわかる!決算書「超分析」入門』シリーズの著者・佐伯良隆氏に、具体的にどのように読み解けばいいのか聞いた。

あわせて読みたい

  • ソフトバンクGに学ぶ、ワンランク上の決算書の読み方 売上が増えなくても、利益が爆増するカラクリ

    ソフトバンクGに学ぶ、ワンランク上の決算書の読み方 売上が増えなくても、利益が爆増するカラクリ

    dot.

    1/31

    利益が出ていても潰れる会社 借金まみれでも潰れない会社

    利益が出ていても潰れる会社 借金まみれでも潰れない会社

    dot.

    11/14

  • 【数字オンチでもわかる】決算書を見る時、最初に押さえるべき超重要ポイント

    【数字オンチでもわかる】決算書を見る時、最初に押さえるべき超重要ポイント

    dot.

    5/25

    竹中平蔵氏らライザップ経営諮問委員会解散へ 結果にコミットできず
    筆者の顔写真

    安井孝之

    竹中平蔵氏らライザップ経営諮問委員会解散へ 結果にコミットできず

    dot.

    12/17

  • 売上高が14%に減ったうえに…HISが苦しむ「800億円のキャンセル料」という重すぎる経営課題

    売上高が14%に減ったうえに…HISが苦しむ「800億円のキャンセル料」という重すぎる経営課題

    プレジデントオンライン

    1/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す