カンニング竹山「ウイグル問題を放っておくのは人間としてダメ」 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カンニング竹山「ウイグル問題を放っておくのは人間としてダメ」

連載「言わせてもらいますけどね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在は全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/今村拓馬)

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在は全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/今村拓馬)

※写真はイメージです(Getty Images)

※写真はイメージです(Getty Images)

 今は香港のデモのことが騒がれているけど、ウイグルでは下手したらナチス・ドイツみたいなことが行われている可能性があるわけです。今この時代にですよ! そういう国と、経済大国だからと今まで通りの関係を続けていていいんだろうか。実際に、アフリカや太平洋諸国は中国の金欲しさに台湾との“国交”を断絶していて、要は買収されているわけです。

 日本は観光でも貿易でも大きな商売相手だし、尖閣諸島の問題もあり、中国との独自の付き合い方があるからなかなか難しいとは思いますが、日本も国連での声明だけでなく、アメリカやイギリスのように国として声を上げるべきだと思うんです。問題が即解決とならなくても、罪のない人たちが強制的に自由を奪われているわけだから。政治体制が違うと言えど、黙っているのは国として、人間としてダメな気がするんです。

 僕は昔から中国の発展に興味を持っていたんですが、それはビジネスチャンスという意味でした。日本人って特に芸能なんかやっていると、みんなアメリカが好きなんですよ。僕だってハワイばっかり行くんだけど(笑)、ビジネス面で考えるとアメリカよりも近い中国の方が儲かるだろうなと感じていました。芸能界でもそういう人はちらほら出てきていたけど、政治体制が日本とは違うし……と思っていたら、香港のデモをきっかけに情報が出てきて、内部のことがいろいろわかってきたんですよね。

 中国はインターネットも規制され国内では独自のシステムを使っているから、世界とは繋がっていなくて、それだけでも怪しいんだけど、人口の多さと国土の広さを武器に経済大国になっています。ものすごく文化も技術も進化していて、日本も学ぶべき国になっているとは思います。北京や上海のような都市部ではものすごくITが進んでいるから、日本に来る中国人旅行客は「日本って遅れている」って感じるぐらいなんですよね。そういう点は尊敬すべきだし、勉強しなきゃいけないんだけど、一方でウイグルやチベットの問題があり、中国という国を信用できないなと思ってしまうんですよね……。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい