ヤクルトの助っ人はなぜこんなに“当たる”のか?

2019/11/10 16:00

 ウラディミール・バレンティンが主に4番打者として33本塁打を放ち、投げては来日2年目のデーブ・ハフがセ・リーグ3位タイの68試合に登板。来日1年目のスコット・マクガフはシーズン途中で抑えに回ってオールスターにも出場するなど、ヤクルトは最下位に低迷する中で今年も外国人選手が大きな戦力となった。

あわせて読みたい

  • ヤクルト・マクガフの成功秘話… 日本との意外な縁、備えていた活躍の資質【燕軍戦記】

    ヤクルト・マクガフの成功秘話… 日本との意外な縁、備えていた活躍の資質【燕軍戦記】

    dot.

    7/21

    各チームのMVPは誰? 期待を裏切ったのは?【セ・リーグ助っ人査定 2020】

    各チームのMVPは誰? 期待を裏切ったのは?【セ・リーグ助っ人査定 2020】

    dot.

    11/28

  • 巨人の“草刈り場”となってきた広島とヤクルト「アンチは相当なもの」 そして今年も…

    巨人の“草刈り場”となってきた広島とヤクルト「アンチは相当なもの」 そして今年も…

    dot.

    11/8

    今年よく働いた“助っ人”は誰だ? <セ・リーグ外国人選手査定>

    今年よく働いた“助っ人”は誰だ? <セ・リーグ外国人選手査定>

    dot.

    11/8

  • 巨人のパーラも典型的な例? 助っ人獲得で見えた“新たなトレンド”

    巨人のパーラも典型的な例? 助っ人獲得で見えた“新たなトレンド”

    dot.

    1/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す